ちゅんちゅんの、しれっと生きてます。

まだまだラブラブだけど、いつまでも魅力のある女性でいたい。

ちゅんちゅん的、リオ五輪開会式のユニフォームの金・銀・銅

※リオオリンピック中に書いたものです。

 

 

これはね、私の独断と偏見でガシガシ行きます。

 

 

 

聖火ランナーの大トリ、アテネでマラソンの時に妨害された人でしたね。

 

以降、スポーツの要素は皆無と思っていただいてOKです。

 

 

え、なんのみどころか? 

 

 

それはですね…開会式の入場行進オンリー。

アクシデントもあるにはあって、自転車どこ行った~とかね。

 

 

その自転車ですけど、テレビをつけて「え? なんか変なのに乗ってる」って地味な衝撃がありました。

 

自転車がね、奇抜でカワイイ。とても凡人にはあんな自転車をオリンピック開会式用に準備しようとか思いつかないです。

 

 

 

さて、お洋服。選手団のユニフォームについて。

 

選手団の公式のユニフォームについて、私、独断と偏見であーだこーだしちゃいます。

いえ~い ♪~(´ε`")

 

 

 

 

 

まず、確実にランク外になりかねないお国から。

 

 

日本

 

いえ~い ♪~(´ε`")

 

あいも変わらずすんばらしい、日本。安定の日の丸。 

どの時代も相変わらず、変わらないスタイルを固持する日本。安心の日本。

真っ赤っ赤のブレザーと白っぽい……クリーム? ベージュ? のパンツ。

 

 

日の丸カラー。

 

好みの問題もありますが、どの国のユニフォームかで所属したい選手団を決めるのならば、私は確実に日本は除外。もうちょっと、こう…う~ん。

 

でも、安定の日の丸カラーで地味な感じってなんか安心感がある。不思議です。

 

 

 

でわいきま~す。ちゅんちゅん的開会式のユニフォームのトップ3、いきま~す。

 

 

 

ちゅんちゅん’s さーどぷれいす

ポーランド

 

 

ポーランドって、ブラジルの宗主国だったらしいです。

 

あれ?ぽるとがるか・・・どっちでもいいや。

 

 

ポーランドのユニフォームですが、めちゃくちゃカッコいい。色のあまり濃くないデニムで、太もも部分とかにもワンポイントがあったりして、なんかオシャレ。

 

アスリートの体系がとてもデニムとマッチしてるから男女かかわらずステキだったっていうのもあるんだろうけど、オシャレなの。ステキなの。カッコイイのっ。

 

オリンピックっぽくないイメージを持ったのって私だけかなぁ・・・

 

うぉ~ぽーらんどって感じ。なんじゃそら

 

 

 

 

 

そして~

ちゅんちゅん’s せかんどぷれいす

あれはたぶん…

セルビア

 

多分セルビアだったと思います。クロアチアとかだったらごめんなさい。

 

旗手のお姉さんが前を…ファスナーで閉じるんだと思いますが、紺のハリのある感じの素材の襟なしジャケットを着てて、その下にワンピースかな? スカートかな・・・で、ボーダーのトップスを中に着ていました。

 

ボーダーがね、全然カジュアルな感じにならなくてエレガント。

 

ステキです、セルビアさん。

 

 

訂正  セルビアの美人さん、ボーダーじゃなく変形ストライプです。スポニチさんのこの記事からちらっと写真が見れますが、変形ストライプのスカートと白トップスでした。記憶があいまいで申し訳ありません・・・

www.sponichi.co.jp

 

 

 

さて、ちゅんちゅんずきんめだる

この前のオリンピックでソチもわるよのお~。いえいえ、お代官様ほどでは~とかほぼ日で言われていましたお国です。

 

 

 

せ~のっ。

ロシア連邦

 

赤と白のボーダーのトップスに、紺のジャケット。女性はふわっとしたスカートを履いていました。多分プリーツスカート。んで、あれは多分エクリュっていう色かな?

 

カッコいいし可愛いし、さすがオソロシア

 

ウォーリーをさがせ」を思い浮かべてしまう配色に感じてしまったのは私だけでしょうか。

 

 

さかリオロシア選手団のウォーリー化現象が見られるとは

 

色文字、目がチカチカする…

 

 

 

これ以上書くとよくわからなくなるので本日は潔くそろそろやめます。そしてこれ以上思い出せない涙