ちゅんちゅんの、しれっと生きてます。

まだまだラブラブだけど、いつまでも魅力のある女性でいたい。

英作文の「私の夢」で、即刻却下をくらった「私の夢」

※昨年の8月2日に書いたものです。

 

今度は夢について。

 

先週書いたのは、挫折。なので次は夢。

littlechunchun.hatenablog.com

 

私、夢が本当にない子だったと思う。

 

 

面白いくらいに何もなかった。だから一番困ったのが、中学の3年頃になると出始める英語の課題。

私の夢と書かせるでしょ? 

 

 

そんなに難しい単語もいらないし字数も少なくても書けるし中3の英作文には使いやすい。

 

でも私、夢がない15歳だったから、書きにくくて仕方なかった。書くことがないから「雪の国の氷の女王になりたい」って書いたの。

 

 

 

 

書くことないから本気で文章として大丈夫ないように頑張って書いたわけだけど、バカだよね。

 

当然のごとく瞬殺。

 

即刻却下くらって書き直し命じられた。でもね、夢がないと夢なんて書けないんだよ。

 

 

 

めちゃくちゃ困るんだよ。夢のない15歳に夢について書けなんて言われるのもね、本当に困るの。だから仕方なく雪の国の氷の女王とかでっちあげるんだけど、とにかくないものは書けない。

 

 

 

切実に欲しいものって言えば、まあ、あった。

高校受験で公立に合格。

 

これはリアルすぎてキツイ。書くだけでアタマいかれそうになる。

 

 

 

高校受験で合格することだと、ちょっと重すぎるし3月に万が一だとしても落ちた時のダメージがキツすぎる。っていうか、そもそも受験で不合格って枠が存在することが怖いから落ちるのが怖くて書けなかったけどね。

 

で、身近な話題をネタにもできずに、かといって本格的な夢についての使えそうなネタもなく。

 

 

1つが却下されて仕方なく2つ目にって感じ。

 

 

 

我ながらよくもまあ、やったなと思う。

特に最初の夢その2、苦し紛れなのか、ふざけているのかよくわからない。

 

 

 

夢、その1

公務員になる。

理由: 公務員はリストラがない。財政が悪化しても人件費削減で首を切られることはないから。安定していてお給料も安定しているし、何よりも人員整理でリストラにはならない。

 

そこでふざけた事実が発覚。中学の英語の先生が解雇って単語を知らない。それの方がまずいでしょ、私の夢より

 

そして、不祥事を起こせば解雇されるよと言われてしまう。不祥事起こして発覚して日本で解雇されないって思うほうがスゴイと思うよ。

 

 

 

夢、その2

最初はこちらがメイン。夢もないし、なんか空想でもいいから書いちゃわないとって書いて出したのがダメだった。

 

 

内容は、、、雪の国の氷の女王になって、地球上の四季や季節の変わり目なんかを取り仕切る女王様になるって書きました。

雪の国の氷の女王様的に重要なやることをとりあえずいくつかピックアップして、それをやるんだって書いたんです。イメージはプロセルピナの母親。

 

 

夢がないから、どうせ英作文を書かせて文法やスペルのミスがないかチェックするだけだろうと思い書いたんですが、、、ダメでした。

 

書き直せってさ。

 

 

 

将来の夢について真面目に書いて来いって言われてしまい、仕方なく 夢、その1 を書く方向にチェンジ。

 

 

夢のない15歳女子中学生がね、将来の夢がないって仕方なく「公務員になるんだ、リストラされないから」って書くわけですけど、なんかこの「これじゃないのに感」がね、書いている間中ずーっと続く。

 

 

拷問ちっく。夢がないのに。

 

 

なんで別になりたくもない夢を偽装して、しかもリストラされないから公務員がいいとか書いているんだろうとか、、、

 

なんかちがう。

なんか違う。

何か違う。

絶対違う。

 

 

こんなことばっかり考えながら書きました。そして、書き上げたらリストラは悪いことしたらありますよってお小言までいただいてしまう。

 

 

これが私が夢って聞くと真っ先に思い出す「夢について」のお話。あの時は高校受験公立合格って書いておくのが一番無難だったのかも。

 

 

今の夢?

早く髪切りたいかな。ヘアドネーションのためにもう少し伸ばすけど。

 


 
Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix